一般皮膚科

皮膚のトラブル

病気とまでは言えなくてもお肌にトラブルはつきものです。
小さいお子様のあせもや湿疹、おむつかぶれ、思春期のニキビ、化粧品による肌荒れ、巻き爪など。 これらも適切なケアによって改善されます。
市販薬では効果のない場合やかえって悪化した場合などは、まず診察、診断による適切な処方をすることが大切です。
以下のようなトラブルでお困りの方は一度受診をお勧めします。

○ニキビが気になる
○手あれがひどい
○じゅくじゅくしている
○足の爪の色が白く濁っている
○フケがでて頭がかゆい
○足のうらのタコ、ウオノメが痛い
○肌がカサカサして痒い
○気になるほくろや傷、やけど痕、巻き爪、 いぼ、ニキビあと、シミがある

一般皮膚科診療

湿疹、にきび、アトピー性皮膚炎、水虫、じんましん、イボ、ウオノメ、ほくろ、接触皮膚炎、脂漏性湿疹、自家感作性皮膚炎、帯状疱疹、伝染性膿痂疹、熱傷、伝染性軟属種、老人性色素斑、円形脱毛症、陥入爪、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症などの治療を行います。

皮膚アレルギー検査

アトピー性皮膚炎や金属性皮膚炎が疑われる場合は皮膚アレルギー検査をしてアレルゲン(アレルギーの原因となる物質、食べ物など)を特定することが大切です。

アレルギーは皮膚疾患だけでなく、その他の体質による症状を引き起こし、重篤なことにもなる場合があります。
当院は金属アレルギー、食物アレルギー、ダニアレルギー等の検査を行っています。

金属アレルギーはネックレス、ピアス等の使用によってもトラブルとなります。
金属アレルギー検査は、背中に数種類の金属の試薬を2日間貼らして頂き、剥がしてから30分後及び1日後に反応をICDRG基準により判定します。
自分の体質をよく知ってからだにあった物を使用してください。

当院では、歯科でよくつかわれる金属で、チタン、金、銀、プラチナ、亜鉛、クロム、ニッケル、コバルト及びパラジウム、インジウム、スズ、マンガン、アルミニウム、銅などの検査を行っております。 接触性皮膚炎、扁平苔癬、掌蹠膿疱症などではこれらの金属アレルギーとの関与が疑われることもあり、検査を行うこともあります。