男性型脱毛症

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味です。
AGAの脱毛部にはDHT(ジホドロテストステロン)が高濃度にみられ、これが薄毛の原因物質と考えられいます。
DHT(ジホドロテストステロン)は5a-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られます。
この度従来のプロペシア、フィナステリドに加えて新規治療薬ザガーロが登場しました。

AGA(男性型脱毛症)の治療方法

AGA(男性型脱毛症)は特に対処せず放置していると進行し、脱毛が徐々に全体に進んでしまいます。進行を抑えるためにも常に頭皮チェックを行い、「最近、髪が薄くなったかな?」と思ったら、医師に相談して早めの治療をおすすめします。急に増えた抜け毛など、身体からのサインを逃さないことが大切です。 これまでにも、AGA(男性型脱毛症)の治療として様々な商品などが販売され使われてきましたが、科学的な実証例が少なく、どれも根本的な解決には結びつきませんでした。しかし、研究が進み、DHTが発生するのを抑える薬が開発されました。発毛に結びつく精度が高く、副作用も少ないため効果は非常に期待できます。

AGA治療と経過

1日1回内服です。 服用する時間に制限はありませんが、毎日決まった時間に飲むことをお勧めします。 ごくまれに性欲減退や性機能低下及び肝機能障害が副作用として報告されています。 効果が実感できるまで、6カ月間は飲み続けてください。 内服を中止すると徐々に効果がなくなり、1年程度で元に戻ってしまいます。 これは、抑えられていた5α-還元酵素が働くようになり、DHTが産生され再び毛根にダメージを与え始めるためです。 成人男性専用薬剤で女性の方や未成年者には処方できません。

・前立腺ガンの検査を受ける場合は、服用していることを医師に必ずお伝えください。内服薬は、前立腺がんの腫瘍マーカーPSA値を半減させます。
・服用中の方は、献血できません。 肝臓病や肝機能障害のある方は服用でいない場合があります。

■ザガーロ

ザガーロは5α還元酵素の1型2型の両方を阻害し、ジヒドロテストステロン(DHT)濃度を低下させることで毛髪数を増加させます。
プロペシアで効果が実感できなくなってきた方や、より強力な発毛効果をお求めの方はザガーロへの切り替えをお勧めします。

◎ザガーロの作用機序とヘアサイクルへの影響

<男性型脱毛症のヘアサイクル>
男性型脱毛症では、ジヒドロテストステロン(DHT)などの関与によりヘアサイクルの成長期が短縮し、硬毛が軟毛化することで薄毛が徐々に進行する。
AGA_haircycle


◎ザガーロによるヘアサイクルへの影響

ザガーロは、テストステロンをDHTへ変換する1型および2型の5α還元酵素をともに阻害し、DHT濃度を低下させることでヘアサイクルの正常化を促し、毛髪数を増加させる。
Normal_haircycle


フィナステリド 28錠 税込6,800円
(2型5-α還元酵素を阻害)
プロペシア 28錠 税込8,900円
(2型5-α還元酵素を阻害)
ザガーロ 30錠 税込9,700円
(1型及び2型5-α還元酵素を阻害)

*上記料金以外に初診料、再診料はかかりません。